NEWS

ニュース

2019.07.02

スポ食

スポ食通信 ~活動レポート①~

こんにちは。スポ食トレーナー、公認スポーツ栄養士・管理栄養士の近藤です。

現在、横浜FCフットボールアカデミーの栄養サポートをさせていただく中でスポ食トレーナーとして大切にしていること。その一つに『アスリートファースト』があります。 アスリートに寄り添い、支えともに戦えるパートナーであるということ。そのため、実際現場で起こっていること、選手やスタッフ、保護者の皆さんの声を大切にし、サポートしています。

そこで、スポ食トレーナーの日々の活動について、様々な角度からご紹介したいと思います。

6月某日。梅雨明けが待ち遠しいこの頃、この時期は「こまめな水分補給を。」とよく耳にしますよね。これはスポーツ現場でも同じ。
そこで今回は、運動時の水分補給についてサポートするため、現場へ足を運びました。

日本体育協会が推奨する水分組成は…
●塩分:0.1~0.2%(ナトリウム40~80mg/100ml)
●糖質:4~8%程度 ※1時間以上の運動をする場合
「日本体育協会:スポーツ活動中の熱中症ガイドブック」

しかし、実際の多くの現場では、『水』しか飲まなかったり、甘すぎるからと『薄めたスポーツドリンク』を飲んでいるなど様々です。
運動時に水分補給をする目的は、水分、電解質、エネルギーを補給するため。状況に合わせて、適切な水分補給をしなければ、熱痙攣など熱中症のリスクが高まったり、エネルギー切れを起こし、動けなくなる可能性が…。

今回の現場では、普段のスポーツドリンクに砂糖をプラス。オリジナルドリンクを作ってみました。
もちろん、水分組成が適切かチェック!!
温度チェックも忘れずに!!

普段より少し甘めのオリジナルドリンク。
こまめな水分補給ができますように♪


CONTACT

お問い合わせ